事業資金を借り入れるには?申し込みまでの3ステップ


(1)借り入れ申し込みの相談をする

まずは借り入れを申し込みたい金融機関などに相談しましょう。機関によっては、融資プランを複数用意している場合があり、相談すれば自分にはどのようなプランが最も適しているのかなどを教えてくれるでしょう。なお、融資の申し込みにはさまざまな書類が必要になります。融資のパンフレットなどをしっかり読み込むとともに、わからない部分は担当者にしっかり確認してください。申し込みに不備が発生すると、なかなか審査が進まず、融資を受けるまでの時間が後ろにずれこんでしまいます。申し込みがスムーズに完了するよう、まずは融資申し込みの内容を十分理解しましょう。

(2)必要書類を整える

次に必要書類を整えます。申し込み先によって必要書類は異なりますが、ほぼ必ず必要になるのが事業計画書です。開業に必要な資金額や、開業後に毎月かかる経費、毎月の売上などを細かく考えます。借り入れ申し込みが完了したら、融資の可否を決定する審査が行われますが、金融機関が最も重視するのは「融資をした後しっかり返済してもらえるのかどうか」です。返済できると判断してもらうためには、事業をうまく進められることを地に足の着いた事業計画で示さなければなりません。数字の根拠となる資料を添付しながら計画を立てればより説得力が増すでしょう。なお、店舗を構える場合、店舗予定地の物件に関する書類などを求められる場合もあります。不備がないよう確認しながら準備しましょう。

(3)借り入れ申し込みを行う

必要書類が準備できたら実際に申し込みです。面接が行われる場合は、用意した必要書類と食い違いが生じないよう気を付けて受け答えしましょう。また、清潔感のある身だしなみを意識することも大切です。

ビジネスを始めるための事業資金を確保する手段として、銀行からの融資に頼る例は非常に多いです。銀行から信頼してもらうためにも、資金の用途や将来の計画などをしっかりと練ってアピールする必要があります。